プレスリリース

2016年6月27日

眞鍋造機と渦潮電機の共同研究開発が国土交通省の「先進安全船舶技術研究開発支援事業」に採択されました。

国土交通省は眞鍋造機株式会社と渦潮電機株式会社の共同研究を平成28年度 「先進安全船舶技術研究開発支援事業」に採択しました。

先進安全船舶技術研究開発支援事業は、IoT(注)を活用した海運の安全性向上に資する技術研究開発を推進するため、船陸間通信を活用した船舶、船舶用機関及び船舶用品等の開発に対して補助する事業であり、海事産業の生産性革命(i-Shipping)による造船の輸出拡大と地方創生を推進するものです。

研究開発の事業名称および事業概要は下記の通りです。

○事業名称
貨物船・ばら積み貨物船(バルク船)向け甲板機械のIoT(注)化研究開発

○研究事業者
眞鍋造機株式会社、渦潮電機株式会社

○事業概要
クレーン等の甲板機械の実際の使用状況と油圧・電気・機械部品等の状況を把握し、故障を予知・検知するシステムを構築する。

眞鍋造機では本事業において、「アフターサービスは最強の営業」というスローガンの下、品質管理の更なる向上を目指していきます。

 

(注)IoT(Internet of Things)・・・モノのインターネット。従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々な"モノ"を接続することを意味します。

このページトップへ